電験1種の合格率、合格点数の過去の推移をまとめて公開!

電験1種

電機業界では花形資格の電験。

その中でも最高難易度の電験1種。その高難度ゆえに敬遠してしまう方も多いかと思います。。。

では、実際にどれぐらいの人が合格しているかを電気技術者試験センター公開資料よりまとめてみましたので、ご活用いただければと思います。

電験1種一次試験の合格率

公開されていた2007年~2019年までの13年間の一次試験のデータです。

電験1種 一次試験 合格率

3種の合格率と比較するとかなり高めですが、この後に二次試験が控えています。

こちらも2種、3種同様に科目合格制度を利用しているため、最長3年での合格率になりますので、一発合格する方はこれよりもかなり少なくなるものと思われます。

それぞれの科目ごとの合格率

次に科目合格された方の科目ごとの合格率を見てみます。

電験1種一次 科目合格率

これをグラフにすると。

電験1種 一次試験 科目合格率

一種に挑戦するような方は難関の一次試験でも、かなり高い合格率です。

電験1種一次試験は電験2種と同様に理論科目がとても難しいとされています。(青いライン)

科目別の合格率と合格ラインについての詳細は別記事にしてあります。

電験1種一次試験の科目毎の合格率と合格点のまとめ
電験に合格するためには過去問を解くことが大事です。 力試しするためにもぜひとも挑戦してほしいのですが、中には超絶難...

科目毎の合格点数の推移

試験難易度によって調整が入る可能性がある合格ライン。満点は80点満点です。

電験1種一次試験 合格点

※ 2009年~2014年は換算値の直近上位を採用しています。

通常は60%の48/80点なのですが、年ごとに次のようになっており、頻度で合格ラインの調整が入っています。

社会に必要とされている人数を調整しながら合格者を出していると思われるため、このような調整の上で合格者数を調整していると思われます。

もし60%の合格ラインに達していなくて、試験難易度によっては合格する可能性もありますので10月中頃の合格発表をお待ちいただければと思います。

電気技術者試験センター公式HP

電験1種二次試験の合格率

次に電験1種の難関二次試験についてみていきます。

二次試験の内容と受験資格

電験1種は2種と同様に二次試験は完全記述式になっています。

科目は電力管理120分、機械制御60分の2科目構成になっています。

二次試験は一次試験と違い科目合格はありません。

また、合格ラインは2科目合計の60%正答できれば合格なのですが、それぞれに足切り点数が定められ、どちらかがそれ以下であると、不合格になってしまいます。通常その足切り点数は二次試験受験者の科目ごとの平均点と言われています。

二次試験の受験資格としては、一次試験を合格していることが条件なのですが、一次試験の合格有効期限はその年を含めて2年です。

2回のチャレンジで合格できなければ、もう一度一次試験からチャレンジすることなど2種と同様になっています。

二次試験の合格率と合格点、足切りラインの推移

電験1種二次試験の合格率と合格者数をまとめたデータです。

電験1種 二次試験 合格率

グラフにするとこのようになります。

電験1種二次試験合格率

二次試験だけで見ればおおよそ14%程度の人が合格していることになります。

ですが、合格率は近年安定してきており、15%程度かなというところです。

また、二次試験でも合格ラインの調整は入るため、その推移も掲載しておきます。満点は180点です。

通常の正答率60%、足切り点数平均点という方が少ないです。

年度によりけりですが、大きく調整が入ることがあるので諦めずに2月初旬の合格発表を待ちます。電験はその勉強が実務につながることも多いため、能力を維持できるといいかなと思います。

電験1種の総合的な合格率とまとめ

電験1種、一次試験、二次試験総合的な合格率を掲載しておきます。

電験1種 合格率

単純に一次試験合格率と二次試験合格率を計算すると、過去のデータから、平均5.3%の合格率となります。

これだけでも低いと思うのですが、電験1種は2種、3種の上位互換資格です。

合格率8%程度の電験3種取得後、同様に5%程度の2種を合格した後、1種と目指す方が大半である中での平均5.3%はかなり異様な数値だと言わざるを得ません。

そして年間の合格者数は全国でたったの数十人。難易度の高さに反比例して狭き門となっています。

ただ、それだけに取得者は確かな実力を持ち、尊敬される技術者であると言えるのではないでしょうか。

かつては電気界の司法試験とも言われた難易度を誇る電験1種。

その難易度は今も健在で合格に至るレベルの人はそれこそ神レベルと謳われます。

とても多くの時間が勉強に費やされると思いますが、それに見合った資格であることは間違いなさそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました