最難関資格の1つ技術士一次試験、二次試験の合格率

技術士

こんにちは、はっちです。

電気系の資格といえば電験が代表されますが、今回は文部科学省が認める最高権威の資格と言われる技術士試験の合格率についてみていきたいと思います。

最高権威と言われるだけに難関であることは間違いありません。

では、どれぐらいの人が合格し、技術士と名乗ることができるのでしょうか。

仕事の上で電験1種と技術士はどちらがメリットあるんだろう。
電験2種試験を終えたところで、次を考えるかそれとも止めておくか考えていました。 2種で終わっても十分なのですが、せ...

技術士受験に必要な要件

技術士の合格率を見ていく前に軽く受験資格についてみていきます。

技術士試験は一次試験では合格することで技術士補の資格を得ることができます。

技術士補は技術士の補佐ができる資格であり、この資格を取得した上で、技術士指導の下、

実務経験を積むことで2次試験を受験するために必要な実務経験の年数が通常7年必要なところを4年などに短縮することができます。

この資格は技術士の補佐的な資格なので、技術士一次試験に合格できる程度の学力があれば良いとされており、受験に必要な要件はありません。

また、大学でJABEE認定単位を取得している場合、一次試験が免除される場合もあります。

認定プログラム一覧 | JABEE|一般社団法人 日本技術者教育認定機構|世界で通用する技術者」になるための学びが、ここに。

認定校を卒業していても、指定の単位を取得していないと免除はされません。

技術士一次試験の合格率

技術士一次試験の合格には、試験での正答率が50%とほかの試験に比べて低いためか、合格率も高くなっています。

技術士一次試験の合格率は次のようになっています。

技術士一次試験 合格率

技術士一次試験合格率

近年の平均値は5割弱と相当高い合格率となっていますが、上下する率も大きいため油断はできません。

問題の内容は簡単ではありませんが、合格必要点数の低さ、また選択問題であることから合格率は高めになっています。

技術士一次試験(電気電子部門)

それでは次に電気電子部門の合格率は次のようになっています。

技術士 電気電子 一次試験 合格率

技術士電気電子合格率

 

合格率に相当の変動があるため、難しい年とそうでない年との差が大きいです。

ただ、2000年ごろに比べて受験者数がかなり増えてきている分、対策情報も出てくるようになったのでしょうか。合格率が安定してきている気がします。

やはり電気系の資格としては電験という王様がいる関係で電気界隈での知名度は低いですが、

それでも受験者数を見ていると、知名度は少しずつですが上昇しているような気がします。

技術士二次試験の合格率

続いて最大7年の実務経験を経て受験できる技術士二次試験の合格率についてみていきたいと思います。

技術士二次試験の合格率は次のようになっています。

技術士2次試験 合格率

技術士2次試験合格率

合格率はおおよそ10~15%程度と一次試験に比べてかなり低くなっています。実際にこの二次試験(筆記)を突破することで、技術士合格に大きく近づくことができるため、難易度は相当高くなっています。

過去の結果に比べると近年は合格率が下がってきていますので難化傾向ではあります。

技術士として毎年10%を少し超える程度の合格率にとどめておきたい。というような感じがします。

技術士2次試験の合格率(電気電子部門)

2次試験電気電子部門の合格率は次のようになっています。

技術士2次試験 電気電子 合格率

技術士2次試験 電気電子 合格率

こちらは以前よりあまり変動はしていなさそうですが、若干の難化傾向にあるようです。

2019年より全問論文試験となったことである程度合格者数調整がしやすくなったのかもしれません。

合格率者数を見ると電験1種試験とほぼ同様な人数しか合格しないことがわかります。

口頭試験(面接)

この2次試験の中には面接試験も含まれています。

2次試験はおおよそ7月に試験があり、その後11月下旬ごろに合格発表の後、合格者は面接試験に臨むことが出来ます。

この面接試験は東京で行われ、実際のその分野の専門家の方と面接し、技術士としてふさわしいかを問われます。

仰々しく書いてしまいましたが、面接では、業務経歴に書かれている実務について実際にその業務を行ってきたかを確認するための試験とも言われています。

ただ、それだけではなく、技術士法の中の技術者倫理を問われたり、2次試験の筆記で書いた論文について質問されたりと様々なようです。

一方でこの口頭試験は”合格させるための試験”とも言われています。

実力は論文試験で見ているため、願書で書いた業務経歴などが真実か見極めるためということのようです。

基本的にそのようなことは、実務を通して理解しているのであれば落ちにくい試験と言われています。

合格率が非常に高い分野(100%合格)もあれば、そうでもない分野(33%合格)もありますが、受験者数の多い建設部門を見てみると8割以上の人が合格できているようです。

令和元年度の電気電子部門の口頭試験合格率は94.9%。

59人中3人しか不合格になっていません。

ですが油断はできないかなと思います。3人落ちているので、落とす理由はあるはずです。

きちんと対策しておかないと安心できません。

最後に

技術士2次試験については先月受験してきましたが、非常に真面目な方が多い印象です。ですがそのような人たちでも、受験回数は相当多くなっているような話をよく聞きました。

技術士一次試験本番の状況は?試験会場の様子を紹介します。
秋になって随分涼しくなってきた10月中旬。 毎年この時期に技術士の一次試験が開催されています。 難関資格であ...
最高権威の資格と言われる技術士2次試験(電気電子部門)はどんな感じ?
受験してきました技術士二次試験。 最高権威の資格とされ、その資格は博士号と同等とも言われています。 今回はそ...

私の知り合いでは一次試験を含めて7年かかった。という人も聞いていますが、試験の内容が、

技術士として課題に対してどう考え、解決し、その後の波及効果を見ていくか。というような内容で1800字以内に論ぜよ。

のように非常に抽象的であり、対策がしにくく、さらに知識を問われる試験になっています。

日々の積み重ねとたゆまぬ向上心を持ち続けることが大事であり、試験対策でありながら、今後技術士として役に立つ知識を取り入れ続けることが必要とされるため、合格、不合格に構わず勉強する姿勢が大事だと感じさせる試験でした。

技術士を取得するという目標はありながらも、それはあくまで過程だ。と言われているような気がします。

博士号と同等な価値があると言われている技術士。

合否に関わらず、軽いものではないということを実感します。

独りで勉強するのは中々難しいものがありますので、通信講座のように好きな時間に講義を受ける形式は時間が取りにくい社会人にとって良い選択なのかもしれません。

最短距離で合格へ SATの技術士通信講座(各部門)

少し覗いて見てもいいかもです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました