最高権威の資格と言われる技術士2次試験(電気電子部門)はどんな感じ?

技術士

受験してきました技術士二次試験。

最高権威の資格とされ、その資格は博士号と同等とも言われています。

今回はそんな技術士二次試験会場の様子と、試験の様子についてです。

次技術士二次試験を受験するけど、どんな感じなのか知りたい方の参考になればと思います。

一次試験の様子はこちら

技術士一次試験本番の状況は?試験会場の様子を紹介します。
秋になって随分涼しくなってきた10月中旬。 毎年この時期に技術士の一次試験が開催されています。 難関資格であ...

技術士二次試験 試験の流れ

技術士の二次試験は令和元年度より新方式に変わり、すべて論文形式なりました。

それまでは択一式の問題が出題され、いろいろな分野からの出題と合わせて論文を作成するような形でしたが、新方式は論文のみです。表現力、構成力などの伝える力が重視されているものと思われます。

詳細を見ていきたいと思います。

午前中に必須科目(2時間)

午後に選択科目(3時間半)

という試験構成でした。

感想としては、あまり緊張する試験でないにもかかわらず、非常に疲れました。

午前中の必須科目Ⅰ(試験時間120分)

午前は必須科目ということで、電気電子分野を受験する人全員が同じ出題に対して論文を作成します。

出題は2題。

そのうちの1題を選び論文を作成します。

おおよそですが、1題は強電に関する出題、1題は通信に関する出題が多い気がします。

論文の制限字数は1800字(600字×3)を2時間で完成させる必要があります。

字数は上限しかありませんが、できるだけ埋めることが大事です。

内容を簡潔にまとめるのが大事な気がしますが、出題は非常に抽象的な形式を取ってきます。

(1)IoE社会に向けた施策を電気電子分野におけるエンジニアリング上の課題を、多面的な観点から3つ抽出し、それぞれの観点を明記した上で、その課題内容を示せ。
(2)抽出した課題のうち最も重要と考える課題を1つ挙げ、その課題に対する複数の解決策を、専門技術用語を交えて示せ。
(3)すべての解決策を実行して生じる波及効果と専門技術を踏まえた懸念事項への対応策を示せ。
(4)前問(1)~(3)の業務遂行において必要な要件を、技術者としての倫理、社会持続可能性の観点から題意に即して述べよ。

というような出題形式のため、自分でテーマを決められる自由さがある反面、相当の知識が無ければ太刀打ち出来ない出題になっています。

 

そのため、

 

解答用紙が埋まらない→問題に対する電気電子技術の知識が少ない。

解答用紙を埋める→知識が豊富で書くスペースが足りない。

という捉え方をされ、それがそのまま採点につながっているのではないか?と言われているぐらいです。

ただそうなると、論文が尻切れトンボ(死語?)になりかねないため、最後の(4)は文章量調整用の出題とも思えます。

こうなると試験時間2時間というのは、若干短いかもしれません。

悩みながら進めていると時間が足りなくなります。

(後半に実際の受験の様子を書いています。)

午後選択科目大問ⅡとⅢ(試験時間210分)

午後は選択科目になります。

電気電子部門は、

電力・エネルギーシステム

電気応用

電子応用

情報通信

電気設備

の5項目に細分化されており、二次試験の願書提出時点で、自分がどの分野を専門分野として受験するかを決めるておく必要があります。

電験を取得している人は比較的電力・エネルギーシステムが得意かと思われますが、

変電所の設計を行うに当たり、留意する点を述べよ。

など、実務に即した問題が出題されるため、素直に実務を理解している分野を選択するのが良いと思われます。

電気主任技術者として施設管理をしている人は電気設備の分野になるかなと思います。電気電子部門の中では電気設備で受験する人が一番多いです。

大問2つで3つの問題を解く(説く)

午後同じ3時間半という時間内ですが、大きく大問Ⅱと大問Ⅲに分かれています。

大問Ⅱはさらに大問Ⅱ-1とⅡ-2に分かれており、Ⅱー1では、4つの設問が出題され、その中から1題選び論述します。

こちらは600字1枚が上限字数です。

一応4つから選択するのですが、私の選んだ電気設備分野では選べるものはほぼ1択。

電気設備は情報も電子も含まれるため、それらにも対応しているようですが、このため、電気設備分野が対象と思われる1つの設問以外、何を書けばいいのかわからないものばかりでした。(一応蓄電池の充電方法は書けたかも)

そして、大問Ⅱ-1は完全に知識問題。

方向性地絡継電器の仕組みを説明し、動作原理を説明せよ。

高調波発生の仕組みと原因、また対策について説明せよ。

など。知っていないと書けないものが出題されるため、4問という余地は欲しかったなと思います。

続く大問Ⅱー2は設備の更新や計画に関する問題が出題されます。

上限字数は1200字。

特定の工場などを背景にした工事計画が多く、工場の中でも半導体工場、また、病院、浄水場などいろいろな場面がその年によって設定されます。

それら建物の特性も踏まえて書くことができれば良いのですが、わからない場合想定するしかありません。

一方で、そういうところで働いていた経緯があれば。非常に有利な問題でもあります。

逆に詳しすぎて、当たり前だと思っていたことが課題だったりもするので良し悪しだと思いますが。

Ⅱー2もまたそういう意味で個々による難易度の違いがありそうです。

そのためかⅡー2は出題が2題あり、そこから1題選択する形式です。

それでも分野が合致することは少ないでしょう。

技術士試験の難しさは、どんな状況においても、幅広い電気電子の知識を持って問題に取り組む。という能力が試されます。

大詰め大問Ⅲ

続く同一時間内に含まれる大問Ⅲ。

こちらは、午前中の論文形式に近く、問題提起→課題抽出→波及効果と懸念

といった流れで問題が進みますが、新しい分野の技術をどう活かしていくか。というのが背景にありそうです。

こちらもどの分野に活かすか。という背景が設定されます。

その分野に精通していれば良いのですが、いかんせん何もわからない分野だと苦労します。

そのためか大問Ⅲは2題からの選択問題です。

どちらかが知っている分野に当たれば 良いのですが、そうでない場合は想像で描くしかありません。

こちらは午前中と同じで制限字数は(1800字)知らない分野に新技術を適用する話をこれだけするのは、普通の勉強だけでは追いつかないような気がします。

管理人の受験心理と会場の様子

当日は試験会場に約45分前に到着しました。

すでに受験者の列ができていましたが、コロナのためか、整理員がしっかり配置されており、機能的に整列が為されていました。

会場に入る前に検温。手のひらを個人がかざして計るタイプ。

35.7℃。相変わらず低くでる。

そして教室内に入室。

室内はスマートフォンなどの電源は切るように説明されました。

受験者の多くは30代~60代ぐらいでしょうか。

30代、40代が多いかなと思いますが、全体的にまんべんなく世代が広がっているようでした。

男女比では40:1ぐらい。女性がいたことにびっくりです。

中には会社の同僚同士で受けに来ていると思われる人も。

先輩より先に後輩が受かったら嫌だよな、なんて思いながら見ていましたが、そういう会社は技術士の先輩がいて、指導を受けられるんだろうなとちょっとうらやましく思います。

そして試験開始15分前から解答用紙配布。

一次試験と同様に受験番号や分野の記載は試験開始後記載することができます。

さぁ午前中の部開始です。

まずは問題を見て必須科目2題の内、どちらを選択するか考えます。

といっても、やはり電験持っている人にとっては強電側が得意。

ほぼ一択だなと思いながら、問題を読み、背景となる状況を確認します。

その後、題意に沿ったキーワードの書き出し。

十分な量のキーワードが出たら、組み立てを考えて論文作成に入ります。

ここまでおおよそ15分。

かなりスムーズにいった方かなと思います。

後は肉付けしながら書いて書いて。

ですが、600字詰め3枚は長い。

ガリガリガリガリ。

おおよそ15分前まで書いて書いて、ようやく埋めることができました。

あれだけ書いたキーワードもほぼ使い尽くす結果。

後はタイトルの変更(この辺はブログ癖。)

残り時間はひたすら読みにくい字を修正。

私、かなり字が汚いです。

ですが、丁寧に書いていたら時間が足りません。

さすがに読めるだろうと思いつつ、字を修正することで汚くなる解答用紙とせめぎあいながら5分前まで修正。

後は頭を休める時間にしました。

監督官「時間になりました。」

とりあえず午前の部終了です。

何とかなったような気もしますが、添削を受けたわけでもないのでなんとも言えません。

お昼休み。

会場では教室内でお昼を取っていい。とのことでしたので、そのまま自席でお昼を頂きました。ただし、

監督官「私語はしないようにしてください。」

との注意がありました。コロナ対策なのでしょうがないですね。

と話をした直後に話し始めたのは50代と思われる受験生。

やべーどうだった?と話し始めそうな30代らしき若手組は予想に反して、静かに外に出ていきました。

こんな若手に受かってほしいと思う自分。

ただ、その後はみなさんずっと静かでした。

廊下などでの会話も含めて、今まで受験してきた中で一番静かな会場でした。

午後の部開始

午後からは3時間半の長丁場です。

午前中の2時間1800字ですっかり手が痛くなってしまいましたが、まだここから3600字近く記述する必要があります。

2時間で1800字でしたが、今度は3時間半で3600字です。

単純に30分足りない可能性があるため、どこかで30分捻出する必要があります。

問題と問題の間は休むことは難しそうです。記述しやすい問題であればいいのですが・・・

と思いながら試験開始時間。

まずは知識問題のⅡー1。

ほぼ一択の選択問題は高調波発生原因と抑制対策についてでした。

これは勉強したから良かったけど細部が少し心配です。

おおよそ30分で600字の記述完了。

よしよし順調だ。

続くⅡー2。

高層ビルと浄水場の選択問題。どちらも経験したことのない施設ですが、浄水場は重要インフラとして記述すればそこそこ書けそう。良し浄水場にしよう。

こちらも午前ほどではないにしろ1200字書く必要があるのでそれなりにキーワードを出す必要があります。

キーワードの捻出も順調。出しすぎて最後の設問がかなり端折る結果になりましたが、それはそれで良いかなと思うことに。

いい感じじゃない?

残り時間は2時間。

よし。午前中と同じ時間を捻出できた。

と次のページの大問Ⅲ。

こちらは午前中と同様に1800字書く必要がありますので、ちょっとやそっとのキーワードじゃ足りません。

問題文を確認。

はっち
はっち

???

1,建設現場の待遇改善?

2,生産性の高い照明環境?

待て待て。1の方が幅広く論述できそうですが、とにかく建設業界で働いたことがない。Iotだなんだと書けば600字ぐらいは行けそうだけれども、それ以上はかなり厳しい。

かといって、照明だけでは範囲が限定されている上に、1800字埋められるほど知識もない。

これはまずい。

とにかくどちらの問題に対しても色々とキーワードを捻出するも圧倒的に足りない。

3枚(1800字)どころか2枚すら怪しい。

30分絞りに絞ったが満足なキーワードは出せず。

とにかく書くしかない。無理やり広げられそうな照明で行こう。内容はその中で考える。

という行き当たりばったりの論文と呼ぶには程遠いものになりそうな予感。(実際そうなった)

ありきたりな技術を、数値を交えてそれっぽく無理やり広げる。

題意に沿っていないわけではないが、かすっている程度の内容。

残り30分。やはり内容が足りなくなった。

残すは1枚(600字)

これが遠い。

設問に無いにも関わらず、総論のようなものから技術者としては~みたいなことを記述し、おおよそ400字ほど埋めるがさすがに無理があるだろうと途中でケリを付ける。

残り10分で、きったない字を修正。

がりがりきったない字を修正しても、結局きったない字に変わりないことにへこむ。

そして試験終了。

気が付いたら3時間半終了。

頭がカスカスに加えて手も痛い。

こんなに書いたのは何年振りだろうか。20年振りとか、もしくは人生で一番書いたとかかも。

とにかく技術士二次試験終了。

結果は10月末。ずいぶん先の話になるが、技術士たるもの、常に勉強は必要である(ふふん)。

なんだかかっこいいこと言いながら言い訳を考えています。

ただ今日は休もう。

休日1日家を空けていた嫁さんと子供にお土産買って帰宅。

いやーほんと疲れました。

論文の再現をしなくてはいけないみたいですが、大問Ⅲが大変だったせいか前半戦の詳細が思い出せない。

そうこうしている間に忘れていくんだろうな~なんて思いますので早めに動かないとなと思います。

次の口頭試験にもし行けるようであれば、今回記述した論文からも質問がされるようです。ちゃんと間違って書いてしまったり、題意に沿ってない範囲についてはフォローできるようにしておかないとですね。

技術士二次試験を終えて

どの資格試験も、

合格してからが勉強の本番です。

なんて言われますが、技術士試験ほどその性質が強いものは無いかもしれません。もともと参考書のようなものは無く、論文の書き方のようなものに自分の知識を使って対抗する試験です。

常に新しい技術に目を向けて、知識を吸収しておく。

という心構えが試験前より強くなった気がします。

次に行けるとしても、行けなかったとしてもこの心構えは技術士として必要です。

まだまだ頑張っていかないとなと感じます。

<追記>

技術系通信講座で有名なSATから技術士講座が開講されているようです。

最短距離で合格へ SATの技術士講座(各部門)

独りで勉強するのは中々難しいものがありますので、通信講座のように好きな時間に講義を受ける形式は時間が取りにくい社会人にとって良い選択なのかもしれません。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました