2005年問7三相平衡負荷の最大接続量(難)

過去問解説

 

三相三線式配電線の末端に遅れ力率80%の三相平衡負荷が接続されている。三相の線路インピーダンスが等しく、線路1条当たりの抵抗\(R[\Omega]\)とリアクタンス\(X[\Omega]\)は同じ値\(R=X\)である。この負荷に負荷電力の(有効電力)も40%に相当する進相容量の三相コンデンサを接続し、三相平衡の抵抗負荷を追加する場合、

①線路電圧降下が同じという条件の下では、追加可能な最大負荷は既設負荷電力(有効電力)の\(\fbox{A}\)である。

なお、線路電圧降下の計算に当たっては簡略式を用いるものとする。

②線路損失が同じという条件の下では、追加可能な最大負荷は既設負荷電力(有効電力)の\(\fbox{B}\)である。

ただし、負荷及びコンデンサは定電流負荷として扱うものとする。

問題 解説動画はここから開きます。

A:40%

B:20%

コメント

タイトルとURLをコピーしました