電験2種一次試験理論の対策 合格率の低さの理由

勉強法

理論科目は電験2種一次試験の中でも最難関と言われています。

知識を問う、電力、機械、法規と違い、純粋に立式から計算力を求めてきます。

3種の理論もそこそこ難しかったのですが、2種になると微分積分は当然。

ベクトルやラプラス変換などにも知識が必要です。

それ故か、現役時代を離れて久しい社会人は苦手とする人も多いようです。

じっくり見ていき対策をしていきましょう。

合格率から見る、電験2種”理論”勉強対策

まずは電験2種理論科目の科目合格率です。

大体1割~2割。理論科目の厳しさが伝わる表になってしまいました。

これは他の科目に比べてもダントツに低いです。

知識部門は色々と関連付けて覚えることができるのですが、計算は何度も計算問題をこなして、訓練する必要があります。

それ故、就業している人にとって、普段仕事で触れにくい(電力などに比較して)計算の分野は苦手な分野でもあると言えます。

ですが、この理論分野は避けて通れません。

何せ二次試験ではこれよりも凶悪な計算問題が控えておりますので。

逆に言えば、ここで頑張っておくと、二次試験の基礎を作ることが出来ます。

一次試験も二次試験も勉強できる!

と思うとモチベーションが上がってくるのではないでしょうか。

また、ライバルに差をつける分野でもあります。

しっかり勉強していきます。

ぱっと見で難しい?2種理論の勉強方法と理解度。

問題の中に微分やら積分、またさらに訳のわからない記号、公式みたいなもの。

うわっと思うことが多いのですが、その中身は実はじっくり考えればわかるものも多いです。

自分の行った勉強は次のような感じで進んでいきました。

電気数学入門で初歩の初歩から理解したのですが、これだけ理論でつまづきました。

ただ2周目で一気に色々とわかってきました。最後はちょっと安心したので伸び率が悪いです。

最初、積分ってどうやるんだっけ?加法定理ってシンコスコスシン?角度の話だよな?

ぐらいのレベルが0の辺りです。

まずはこちらの”いちばんよくわかる電験2種数学入門帖”から勉強しました。

ただこの入門書・・・ではあるのですが、微分積分や三角関数の基礎から始まり、実際の電験2種で出題された例題を使って、合格に必要な数学について解説してくれています。

当時この本で勉強した時は、当然2種の例題が解けるわけありません。計算の過程だけ分かればいいや。という感じでした。例題は難しすぎるので一次試験受かったらかな。という感じです。

そして、この本を一周した後、本格的に理論の勉強をはじめました。

電験2種 理論

この”これだけシリーズ”は電験2種の参考書の中でも格段に読み進めやすくなっています。

大抵の電験2種の参考書は電験3種の知識を前提としているため、完全に3種のことを忘れてしまっている自分には何を持ってしても読めませんでした。(”解けません”ではなく”読めません”です。重症です。

それでいて、かんたんすぎることはなく、基礎をしっかり身につけるためにはとても良い参考書だと思いました。

電験2種 理論

自分のような初学者(じゃないけど)にはオススメです。

 

ただ、電験2種の理論は、これだけシリーズを持ってしても分厚いです。

それだけ難関ということも踏まえて、最初からじっくり取り組みました。

仕事しながらということもあって1.5~2時間しか勉強時間が取れないため、1単元は理論、残りは他の3科目を進める。というように理論を軸に勉強を進めます。

理論勉強開始から過去問までの道のり

自分のレベルはここを見てもらうと、悲惨なレベルというのがわかるかと思います。10数年の月日は長い。

勉強なんて十数年していなかった管理人が電験を取るきっかけ
見に来ていただきありがとうございます。ピカチュウをゲットするために電験ゲットだぜ! の管理人をしておりますはっちと...

このリンク先のように、電気工事士2種レベルですら解けませんでした。

鳳・テブナンの定理と言われて、なんのことだったのかも思い出せないレベル。

※鳳・テブナンの定理はかなり重要。それも二次試験でも使用します。

ですが、そこは”これだけシリーズ”。

丁寧に解説が書かれており、何より計算過程の省略がほとんどありません。

 

3種の時は、完全に別分野だと理解していた理論、電力、機械、法規の4科目ですが、2種の範囲まで掘り下げると色々と繋がっていることがわかります。

※3種の段階でも気がついている人は多い気がします。

理論で意味不明だったベクトルオペレーターの話を機械で理解したり、機械で学んだ同期発電機を水力発電所で復習したりと様々。

思わぬところで理解が進んだりもしますので、一度わからないところは飛ばすのもありです。

最終的には理解する必要があるのですが、段々と追いついてくるはずです。

 

その後、他の科目の勉強と並行しつつ、理論の2周目を開始します。

2周目になると、0から問題を解くことは難しくても、公式や要点をさらっと目を通せば、問題の解き方がわかるようになります。

1周目と2周目に知識量の大きな違いは無かった(覚えれない)のですが、電気の問題を解くことに非常に慣れてきた事に気が付きました。

例えば、電流の分流について、毎度毎度電流は逆数だから・・・考えていたのが、何度も出てくる回路の問題を解いているうちに、すっと頭から出てきたり。(レベル低い)

磁束Φが電流Iに比例する理由についても、公式を並べてするすると出てくる様になりました。

この2周目からが勉強の本番です。しっかりと解き方を覚えて1問ずつクリアしていきます。

1周目で頭の下地を作って、2周目で叩き込んでいきました。

2周め終了した時点で、過去問(理論)を解いてみよう。

過去問を問いてみるとわかるのですが、最初面食らってしまうような問題が普通に出てきます。

ですが、じっくり文章を読んでみると、案外解ける問題も多いハズ。

また、最初から最後まで解けてしまう問題も出てくると思います。

さて、解けなかったものも含めて自己採点してみましょう。

ここで合格点が過去何年か分で取れれば、少しだけ安心してください。少しだけ。

ちなみに、ここで解けなくても大丈夫。むしろ解けないことがわかることも大事。

初見で解かなくてはいけない問題が多数あることを理解しておきます。

理論科目の最大の敵。時間。

自分は当日受験するまでこの”時間が大事”ということに気が付くことができませんでした。

理論は他に比べて時間が足りなくなる。ということは過去問を問いていて気がついていたのですが、

はっち
はっち

1問辺り15分程度で解ければ問題無し。15分あれば余裕。

そう思っていました。

甘かったです。

参考書を何度もやっていれば解き方がわかります。そのうえで練習問題は15分あれば楽勝です。

ですが本番はどんな問題が来るかわかりません。

見たことのある問題であれば解くことができても、見たことのない問題があった場合考える時間が追加されます。

また他の問題も解かなくてはいけません。

結果生じてしまう”焦り”

この焦りがまともな思考を許してくれなくなります。

管理人の理論科目 試験本番の様子

「はじめてください!」

試験官の一声と共に、問題を開いて理論1問目。

取り組むこと10分。

うーん。途中まで考えるが、最後までいく自信が無い、後からゆっくり考えよう。

次だ。2問目。

行列を使用する問題だけれども、見た目に難しそう。じっくり考える必要がありそうだけど、、、

少し考えるか。

5分後。

やっぱり時間かかりそう。これも後で考えるか。

 

次、3問目。過渡現象。

これもじっくり考てみようかな・・・ですが、ここで気になり始めます。

すでに25分経過している。

焦る。

なんだこれ。見たことあるのに解法が思いつかない。

どうする。飛ばすか。

 

だけれども、ここまで時間の約3分の1を使って0点

あれ?全問題の内、半分も飛ばして0点・・・?

えっ、、、やばくないか。。。

 

A問題3問で45点。

それらを全部パスして現在ほぼ0点。時間は30分も無駄にしてしまった。

残り60分で全部の問題を解かなければいけない。30分何に使っていたんだ?

解き直しも含めて全部の問題を解けるのか?制限時間60分だぞ。無理だ。

いやだ、だめだ、考えるな。

 

焦ると指が震えます。頭も固着したように動きません。

解かなきゃ。ダメでも。一問でも。

 

焦りで力が入って頭に文字が入ってこない中、ゆっくりと進む時間。

残り30分。

 

本来であれば大問2問ぐらい余裕で取り組める時間なのに、時間がまったく無いと感じます。

もう時間が無い。

震えながらマークをするも、解けていない問題の多さに再び焦る。

やばい、もう時間だ。

最後は運に託して震えながらマークの塗りつぶす。

「時間になりました。」

試験官の声とともに、力の入っていた全身の力が抜けました。

 

理論の過去問が解けても安心してはいけない。

 

時間に対する慣れが不十分でした。

ダメだった。来年。またがんばるか。。。

そう思った理論科目でした。

困ったときの理論攻略の裏技

電力などの他の知識問題に比べると、設問に対する選択肢が絞りにくいような気がします。

ですが、ある程度勉強していると有効になってくる手段があります。

それが次元解析です。

次元解析について。(後日・・・大したものではありませんが。)

これを持って選択肢を絞り込めば、15個ある選択肢がほぼ3択まで絞れます。

理論の過去問をしていると、解けない問題がいくつかあります(自分はありました多量に)

そんな時に次元解析で選択肢を絞り込み、後は3択で攻めます。

途中まで立式できていればそこから参考にすれば2択まで絞れるかも知れません。

出来ない問題をあてずっぽうで選択するのではなく。短時間で選択肢を絞り、少しでも正答になるように努力することが大事です。

自分はそれで10点ぐらい拾ったような気がします。

ここまで煽っておきながら理論合格してた・・・

試験終了後。

自己採点するのが怖くてしばらく放置しておいたのですが、いつまでもモヤモヤしていても。。。

と思い、数日前に公表されている解答から、自己採点してみると。

合格ラインに達していました。

 

なんだかんだぐだぐだながらも、配点の低いB問題はガチガチしながらも結構解けていました。

 

過去問をやった感覚としては不本意な結果でしたが、かろうじて合格することが出来ました。(実は39℃の熱がありました。ぐわんぐわんしてたことを思えば上出来かも)

2種一次試験の中で時間に追われる可能性があるのは理論ぐらいです。

今回の試験では、他の科目は時間に余裕があることに加えて、”理論落ちた”と思っていたためか、気分的にとても楽に(ぐったりしながら)解くことができました。

 

まとめ

合格率が低いことを踏まえて重点的に勉強する必要がある理論。好きな参考書を何度も繰り返し行い、苦手なところは再復習をしておきます。

とにかく過去問で、問題に慣れておき、本番で見たことのない問題が出ても慌てず騒がず解けるところまでチャレンジすることが大事です!

理論の問題は解き切らないと解けた気になりませんが、電力などに比べると大問全答は比較的楽です。電力、機械などは問題の最後に行けば行くほどマニアックになる気がします。そのため全答というのが中々難しい。

ひっくり返せば、途中まででも案外点数はあります。解けなかった・・・と思っていても合格の可能性はありますので解けなくても諦めずに最後まで、時間いっぱい解ききりましょう。

そして体調はしっかり整えていきましょう。(はは・・・)

コメント

  1. ソウケイ より:

    はっちさん、こんばんわ。

    はっちさんって、二種を一発で合格したのでしょうか!?
    だとしたら凄いです!
    自分も昨年に初受験でしたが、体調万全なのに理論なんて30点しか取れませんでした(笑)
    機械も50点で不合格(^ ^;)

    今年はその残り2科目と二次試験を倒すべく勉強してます。
    二次もそうだと思いますが、理論も試験中にどれだけパニクらないようにすべきかなと反省しました。
    昨年の理論は分からない問題だらけで、試験中後半はテンパりまくって真っ白状態でした(半笑)

    難問は少なからずあるので、二次と同じ様に最初にざっと全ての問題の難易度を仕分けする時間が2、3分くらいあっても良いかもですね。

    • はっち はっち より:

      ソウケイさん
      コメントありがとうございます!コメント返信するのが遅くなってしまい申し訳ありませんm(__)m

      私もです。私も理論真っ白でした^^;
      問1~3ができなくて焦ってしまったのですが、とりあえず解けるものを解く!ということにし、
      問題の問1~3はできるところまで解き(あまり無かったですが^^;)、残りは選択肢を3択まで絞り、
      気合の推測で解答しました(←何言ってるのかw)

      最初にざっと問題見ておくのは大事ですよね。二次試験になると選択問題になるので、その辺り
      非常に重要になってきます。

      本当に時間の想定って大事です。一次試験二次試験を通して一番焦ったのが理論でした。
      次いで二次試験の機械制御(ここも相当やばかった。また記事にします^^;)

      かろうじてですが2種一発合格することができました^^
      ですが一次試験は結構ぎりぎり。
      二次試験は類似問題が出たこともあり、かなりの部分を運が占めているかと思っています。

      実力的には知識が偏った状態でして、今年エネ管を勉強していて新たに色々わかることがあるぐらいです(汗)

      試験まで後一ヶ月ですね!
      暑い日がまだまだ続きますので体調管理をしっかりしてくださいね!(お前が言うなとか言われそう)
      今年は少しの体調不良でも疑われてしまう可能性があるため気分も良くないですしね。
      がんばってください!

タイトルとURLをコピーしました